FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2009.08.06 (Thu)

ニコニコメドレー「いろはかるた」の選曲紹介 その4

反省会その1
反省会その2
反省会その3
選曲紹介その1
選曲紹介その2
選曲紹介その3

今回で最終回。
「あ」~「す」まで。

 あいつこそがテニスの王子様、アンインストール、Unde My Skin(アッーウッウッイネイネ(0゚・∀・))

前作でアンインストールを使ったので今回はテニミュ。イネイネは正式曲名がマイナーなので落選。
下克上部分を使ったのは繋ぎの関係が大きいです。「ちゃんぷる」でメイン部分を使ったってのもありますが。


 最強○×伝説、さくらんぼキッス、サンドキャニオン
今回これまでMOSAIC.WAVがないんですよね。ふぃぎゅ@の2曲も、うどんげに負けたし。ラブチーもドアラに負けたし。
ってことで、最強○×伝説の勝ち。あぁ、今回のメドレー、KOTOKOさんが一曲も入らなかった・・・


 caramelldansen,kiss my lips,キラメキラリ
前作でキラメキラリを使ったので今回はウマウマを。きしめん亭も捨てがたかったんですが、ウマウマのほうが適任でしょう。

君が代?その発想はあったような無かったような。「せ」で説明します。


 雪、無音、窓辺にて。
実はかなり後半まで、この曲でした。「き」までの打ち込みを終え、「ゆ」に取り掛かる際になぜか、「You」を思い出しました。思い出さなかったらそのままだったでしょう。

どうもアルファベットは選考からもれていたみたいです。U.N.オーエンも同様の理由で選考にあがってませんでした。そして一度も思い出されること無く曲選考終了。


 メルト
不戦勝。

しかし!ちょうどこの曲を打ち込んでいたころ、メグメグ☆ファイアーエンドレスナイト(ルカルカのSAM氏作)が投稿されました!
うぉおおお、どうすればいいんだあああ!!

結局1P1曲ということを考慮してメルトが勝ち残りました。「わ」で負けたのもあるし。

はい。ユーロビートが大好きです。(おっぱい!おっぱい!


 みくみくにしてあげる、巫女みこナース・愛のテーマ、三十路岬
まぁ、ここはミクミクしか無いでしょう。メルトの次はミクミクしかないですよ。ミコミコは前作・前々作で結構大きく取り上げたし(前々作では2分以上ずっとミコミコのターン!)。

ところで、ミクミクの耳コピが間違っているという指摘を結構いただきました。
これ、私も打ち込んでるときに気になったんですよ。
ってことで、検証しました。
http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/25031.mp3&key=miku
かくごを
ラシドシ

です。ラシド♯シでは無いですね。私の過去作では全部♯付いてました。多くのメドレー(記憶がある限り全て)も♯がついてますね。ということで、今回は原曲どおり演奏してみたというわけです。

同様のことがアクエリオンでもありました。「音楽は絶えない」の「た」の部分が原曲では♭に。
ただ、他のアーティストがカバーしたバージョン(今回特に参考にしたのはDank-One Feat. Ariバージョン)では♭付いていないように聞こえたので、今回はつけませんでした。つなぎも違和感出るし。


 死せる英雄達の戦い(運営は残酷だ)、Siamsa(真on乗馬マシン)、笑点のテーマ、10年桜
まぁ、いろいろ言われましたね。この選曲。
普通ならサンホラ。私の音楽的な好みでは乗馬マシン。斜め上なら笑点ですね。
ただ、今回のメドレーは踊ってみた系が少ないんですよ。バラライカもチルノも入っていなくて。

10年桜のコンテストで、たくさんの投稿があったのですが、やはりみどー氏が優勝と思われてて、
それを覆した金色集団。そしてみどー氏が自分の動画で優勝した金色集団に賛辞を送るというやり取りがとても心に残っていました。次のみどー氏はもっともっとすごいものを見せてくれるに違いない。そう思いました。

ニコニコの広さを感じた今回のコンテスト。ニコニコのカオスを表現することがコンセプトの1つである今回のメドレーに入れないわけにはいかないでしょう。

しねばいいのに?コメントがひどいので却下ですよ却下。曲自体は良いんですけどね。


 エアーマンが倒せない
まぁ、ここでエアーマンを入れないわけにはいかないでしょう。笑顔でエンジニアも好きなんですが・・・

前曲の10年桜からのつなぎが難しかったです。サンホラにしておけばラクだったのにw
ただ、この2曲をつなぐことは、全体のまとまりにとても重要な意味を持つと考えていたので、頑張りました。


 卑怯戦隊うろたんだー、ビッグブリッヂの死闘
今回の作品はKAITO無いし。ってことでうろたんだー。(MEIKOはどうした?)

つなぎの関係でBメロから。長いですねやっぱり。


 もってけ!セーラーふく
事実上の不戦勝。
いろいろ他にも候補はあったんですが、らき☆すたをいれないわけにはいきません。


 洗脳・搾取・虎の巻、星間飛行、赤道"ぼっびゅん"ジャーニー(ヲタケン氏オリジナル)、星条旗(アメリカ国歌)
事実上のラスト。ってことでメジャータイトルをってことで星間飛行。

「も」からのつなぎが良いとか言われましたが、あれは投稿1週間前に急遽あの形になったんです。たまたまですよ。
「やっぱり星間飛行といえばキラッ☆だろ」ってことで。
私の作風は一曲が長い(サビをフルで入れる)ことが多いのですが、こういうつなぎもやろうと思えばできるんですよ。こういうのは勿体つけて使わないと。

星条旗は、もちろん歪音エナことビリー・ヘリントン氏です。(参考動画
ただ、この曲を入れるなら、日本国歌である君が代を入れないわけにはいかないでしょう。
だからってウマウマを外すわけにはいきません。ってことで落選。
・・・今回のメドレー、♂×♂系が一切無いんですよね・・・


 SCREW THE PLAN(中曽根ティーチャー)
最後の曲。誰もが納得する締めを。今回は陰陽師は使えない。そして削除系の曲も使えない。

結構本気で中曽根ティーチャーでいこうかと思ってました。曲名はあまり知られてないけど。
そしてなにより、曲の終わり方が難しいけど。


しかしここで、「少し楽しくなる時報」をなぜか思いつく。なぜ思いついたかは本当に謎です。

この発想は自分でもなかったので、多分多くの人は予想しないだろうと。そしてこの曲なら納得してくれるだろうと。

ニコ動の歴史としては中曽根ティーチャーですが、曲としてのまとめ方は少し楽しくなる時報。
コンセプトの「音楽として崩壊しない」の方を重視して、時報にしました。

結果は、時報で正解だったと思います。
誰一人として中曽根ティーチャーを挙げていませんでしたから。



これで、全曲の選曲理由を紹介し終えました。

こうやって改めて見ると、ニコ動にはいろいろな曲がありますねぇ。
とても47曲に絞れるものではありません。

今回採用されなかった曲がたくさんあったことで、逆にニコ動の広さを表現できたかな?と。
(採用しないことで逆に存在感を出す。私としては革新的な試みだったのですよw)

テーマ : ニコニコ動画 ジャンル : 音楽

20:52  |  ニコニコメドレーの解説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.03 (Mon)

ニコニコメドレー「いろはかるた」の選曲紹介 その3

「う」から行くぞぅ 気をつけろぉ↑

 ultra soul,We Love AKIBA-POP!!,ウサテイ,美しい明日(いいえ、ケフィアです)
ウサテイの圧勝。

ウルトラソウルはラストの「ウルトラソウル!」まで長いし、アキバポップはいまいち知名度が分からない。いい作品はいっぱいあるんだけどね。
美しい明日は「あす」なのか「あした」なのか不明なので落選w CDにも書いてなかった。
そもそも曲名知っている人が殆どいないと思う。


 イノセント・ブルー、(いろは唄)
「い」で落選したのでNice boat. がここで復活。
ボカロオリジナルの「いろは唄」ってのも見かけたんですが、聴いたことも無い歌を入れるわけにはいきませぬ。

よって言葉様の不戦勝。


 nowhere
不戦勝。

一番曲が少なかった。「ぬ」より少なかった。
正直、この曲が無かったら成り立ってなかった。

nowhereはno'uhwe`ərの発音なので、一応「の」です。
now hearと掛けてるという話もあるので、その場合は「な」ですね。
まぁ、ヤンマーニでおk。


 俺ら東京さ行ぐだ、思い出はおっくせんまん!,おてんば恋娘、お嫁にしなさいっ
何気に激戦区。

いろいろあってIKZOが勝利。ホントきつかった。


 くるっと・まわって・いっかいてん、クリアまでは眠らない!,熊蜂の飛行(イ゙ェアアアア)、クリティウスの牙
ここはチョイネタの激戦区。

ケロロの選曲理由。夏美は俺の嫁。以上。


 YATTA!,(ヤラナイカ)
不戦勝。
ヤラナイカは「は」で落選したのでどうしようかと迷いましたが、結局再落選。

今回のメドレーは踊ってみた成分が少ないんですよね。ヤラナイカが落選したので。
それが「し」のあの選曲につながるんです。なんというバタフライ効果。


 真赤な誓い、魔理沙は大変なものを盗んでいきました、摩訶不思議アドベンチャー
実はそれほど激戦区じゃない。
今回は東方曲大目だし。特に悩むことも無く真赤な誓いが当選。
「魔理沙は・・・」はしも氏の第五弾でも落選するだろうと予想してたし。


 ケロ⑨destiny,檄!帝国華撃団、ケンカ予報の時間だよ
これまた結構悩みましたね。実は結構「ケロ⑨」で叩かれるんじゃないかとビクビクしてたんです。
今回のメドレーって、東方原曲が全く入ってないんですよね。頭文字の関係で。
「なんで原曲じゃないんだ!バカヤロウ!」 って言われると思ってたら、
「「ね」で入ってなかったのはこういうことか」 みたいなコメントが多くて、ほっとしました。


 ふたりのもじぴったん、フンフンフン♪だよ、らき☆すた、Princess Bride!,Promise,PRIDE
結構な激戦区。
電波ソング好きの私としてはプリンセスブライドなんですが、ゲッダンも捨てがたい。
結局は次の2曲「こ」と「え」でアイマス3連にしようかということで、もじぴったんを選択。

カルタの画像はもじぴったんですが、アレンジはやよぴったんに近くしています。分かる人には分かる仕様。


 GO MY WAY!!,god knows...,恋のミクル伝説
アイマス3連ってことで、ごまあえが当選。

実は、先行公開版ではリズムを大きく間違えてました。リズムが苦手なんですよ。
ピアノの先生にもリズムでダメ出しされることばっかりです。


 エアーマンが倒せない,エージェント夜を往く、笑顔でEngineer!
アイマス3連ってことで、とかちが当選。
エアーマンは敗者復活戦へ。
さすがにこの2強に囲まれたら笑顔でEngineer!は落選してしまいますねぇ。。。


 Distance
不戦勝。
「て」って意外に無いです。ここぞとばかりに自分の好きな曲を。ニコニコでもしっかりとした人気があるんだから。ブームは去ったけど。

この曲、ファンからの評価がものすごく高いんです。ものすごく。
なので、ヘタなアレンジだとボコボコに叩かれると思ってビクビクしていました。
さすがに原曲ほどのクォリティには至らなかったけど、アレンジについて叩かれることは無かったので、そこまでひどい評価ではなくてほっとしています。(大都技研は曲を作るためにパチスロ作ってるんじゃないか?と思うほど音楽への力の入れようが凄いです。あと、私はギャンブル関係一切しないです。。。)

今回はここまで。次回最終回。「あ」~「す」。

テーマ : ニコニコ動画 ジャンル : 音楽

23:46  |  ニコニコメドレーの解説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.01 (Sat)

ニコニコメドレー「いろはかるた」の選曲紹介 その2

今回は「わ」~「む」

 ワールドイズマイン、私の時間
今回は1P1曲を原則にしてます。偏りが減るようにです。ryo氏は「め」で登場するので、こちらはくちばしPが担当することになりました。

ちなみに、私の時間を知ったのは、俄組曲です。
そして、ワールドイズマインは春原つめあわせです。当然ながら


 うどんげ、悲しみの向こうへ、風の憧憬、Canon Rock、ふぃぎゅ@メイト、ふぃぎゅ@ラジオ
激戦区その2。どうもあ段は激戦区になりやすいみたいです。
曲調と派生作品の多さから、うどんげが選出。


 よっこらせ(笑)
不戦勝です。
「よ」って意外に少ないです。夜とか酔とか予とかいろいろありそうなものですが。
予想コメントには無かったですが、四魔貴族バトルって、「よ」?それとも「し」?ってな感じだったのでとりあえず落選。


 TOWN,タイムリミット、だんご大家族、ダンシング☆サムライ、男女
激戦区その3。あ段自重しろ。

がくぽのアバター的曲になっているヘァを入れないわけにはいきません。
ちなみに、ヘァ→徹子!のつなぎは私の過去作で既出です。あのときは徹子!がBメロから入ってました。


 レッツゴー!陰陽師、RED ZONE、恋愛自由少女♀
なんという出来レース。徹子さんしかありえないじゃないですか。


 創聖のアクエリオン、曾根崎心中
弾幕の厚さでアクエリオンの勝ち。

曾根崎心中は演奏してみたで流行ってました(現在進行形)。


 つんでれのうた!、つるぺったん、月のワルツ
つるぺったんはもじぴったんが入ってるのでワリを食って落選。
月のワルツは3/4拍子なので落選。

つんでれのうた!パートが長いといわれますが、あれでも間奏部分は倍テンしてるんだぜ?
BPM344という超高速です。倍テンしてなかったら・・・おぉ、こわいこわい


 寝・逃・げでリセット!、ねこにゃんダンス
実は製作途中までねこにゃんではなく、寝逃げでした。
ねこにゃんの方がつなぎやすいってのもありますが、一番の理由は、寝逃げは前作で使ったからです。ただそれだけ。

古い古いと言われますが、わたしにとっては、ねこにゃんはバリバリの現役ですよ。まこにゃんなんて週3くらいでは見ますね。
あ、言っておくけど目当ては美希の「あふぅ」だから。

オススメは、環境Pの東海道本線です。シリーズ100作おめでとうございます!


 ナイト・オブ・ナイツ、夏影
ねこにゃんからつながるといえばやっぱりナイツですね。寝逃げだったら夏影もあったかも。
メドレー系でナイツが単体で使われてる(何かの裏になっていない)って結構珍しいんじゃないでしょうか?


 LOVE&JOY,Love Cheat!!,LOVE.EXE,ラブリー☆えんじぇる!!
激戦区!「ラブ」が頭につく曲は全部ライバルです。多すぎです。
日本の曲って、ラブソングばっかりですね。
しかもエロいのを婉曲に表現することに重きを置いたというかなんと言うか。

私は、ラブソングにするなら、E-ROTICのように本質をむき出しにしたほうが好感が持てます。
カラオケで歌ったら100%引かれますが。

ライオン?アニメ見てなかったから人気の度合いが分からん。ドアラには勝てん。
ちなみに、ライオンとの出会いはヤオインです。当然ながら


 ☆☆☆☆☆☆、夢想歌
結構悩みましたね。私が好きなのは6☆。ニコ動の人気は圧倒的に夢想歌。(6☆はとてもいい曲です。ぜひ聴いてみてください。公式のアドレスは→ http://www.klon.jp/chise/mutuboshi/6stars_op_short.lzh )

選考の決め手になったのは、キン!キン!キン!キン!あぁ、この音入れてぇw

メドレーで使った音は、綺麗なベルの音素材を、いじくり倒してあの音にしました。(原曲は使ってない)
ちなみに、音単体で聞くと、聞くに堪えないノイズサウンドです。(綺麗な音だと目立たないから)
全体の中でバランスをとるのが難しいです。

実際に使った音。http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/23541.zip&key=kin

テーマ : ニコニコ動画 ジャンル : 音楽

23:38  |  ニコニコメドレーの解説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.31 (Fri)

ニコニコメドレー「いろはかるた」の選曲紹介 その1

せっかくだから、俺はこのメドレーの選曲について説明するぜ~ 今回は「い」~「を」

 Ievan Polkka, イノセント・ブルー
「い」は少ないです。予選を突破したのはこの2曲だけ。イノセント・ブルーは1曲目には持ってこれない(それほどメジャーではない)のでIevan Polkka.
でも、Ievan Polkka は前奏が必要です。そこで考えたのがあのイントロ。反省会の3に書いたように、ユーザに予想させるという考えが無かったので、メドレーの選曲がもろネタバレです(1曲あたりの時間がが短かったのが幸いした)。ちなみに、イントロのベースラインはチーターマン2です。ハイ、この時点でチルノはメドレーに入らないことが確定してたんですね~


 炉心融解
不戦勝です。

ロミオとシンデレラ?聴いたこと無い。

あ、ちなみに炉心融解を知った経緯は「ロリ誘拐」です。当然ながら


 ハレハレ、バラライカ、はじめてのともだち、Paradise Love(ヲタケン氏オリジナル)、Butter-Fly
個人的に最大の激戦区。アイマスDSのHELLO!!の発表もちょうど曲選考の時期とかぶってたし。

前回(しんぷる)のバラライカで苦しめられたのでハレハレを選択。

初音ミクの消失?好きだけど、それ言い出したら何でもありになるからダメ。


 にんげんっていいな
不戦勝。

ニホンノミカタ?前々作で入れたけど、隆志氏には勝てんでしょ
皆さんニホンノミカタを予想してましたけど、選曲が終わったのは七色のニコニコ動画の投稿前です。
それに、もともとがネタメドレーなので、他のメドレーは関係ありません。


 盆回り、ぽっぴっぽー、撲殺天使ドクロちゃん

ラマーズPが今回入ってないんですよね。出来れば入れたかったのですが、イチローに負けました。
ドクロちゃんは前作で使ったので今作ではお休みです。


 えーりん、Heavenly Star
まぁ、ここはえーりんしかいないでしょう。

この曲は、巨大隕石が落ちてきて人類滅亡する地球から、唯一脱出し、月に帰れる曲です。さすが竹取飛翔。(えーりんはつなぎ易さがすごいんです)

前の曲の盆回りはつなぎが異常に難しいです。てってってーと並ぶ最高クラスの難易度です。


 鳥の詩、きしめん,、トゥルトゥルダダダ
まぁ、鳥の詩が勝ちました。きしめん残念!
えーりんからのつなぎも結構自然でした。


 チーターマン、チルノ
前作でチルノを使ったというだけの理由でチーターマン。
ここでもしチルノだったら、繋ぎの関係で次にリトバスが来てた可能性もありますね。


 RIP=RELEASE,スッパーン
前作でスッパーンを使ったという理由でRIP=RELEASEの勝ち。
リトバス?どうも私は「り」をアルファベットで考えるときに「R」を思い浮かべるみたいです。「L」は考えて無かったです。


 ぬーどる、ぬーぼーCM、(ぬるぽのうた)、(ぬかづけのうた)
「ぬ」は本当に曲が少ないです。以前に「ラーメンタイマー」タグから「ぬーどる」に出会っていたので「ぬーどる」が勝ちました。当時出会ったときはマイリスしませんでしたが、ラーメンタイマーという発想に出会った直後でもあって、かなり印象に残ってました。そして今回、再会。

このミクさんにはメドレー製作中に何度もお世話になりました。

ぬるぽとぬかづけは誰もわからないので落選。(ぬるぽは非常に贅沢なスタッフが作ってますが・・・)


 ルカルカ★ナイトフィーバー
不戦勝。
ちなみにこの曲との出会いは、「タコルカ★マグロフィーバー」からです。当然ながら
マグロフィーバーとの出会いは、まぐろたべたいからです。
ただのボカロには興味ありません

でも、ルカルカに出会って、ユーロビートキタコレ!って感じでお気に入りに。

ルパン?それこそあまりニコニコに関係ないんじゃ。。。再生数が多いのって、じぽたん氏とか楽団ひとり氏とかくらいしか思い浮かばんぞ。あとは演奏してみたで数点と歌ってみたで数点。これ入れて良いんなら「と」でTruth入れたいよ。


 ヲタ芸風靡
まさかと思われるかもしれませんが、途中までこの曲でした。ヲタケンさんの発想はありませんでした。

理由は「を」で始まる曲を探していて見つけて、はまってしまったからです。
曲がとても良いし、これから伸びる!と思ってこの曲を選びました。

しかし、つなぎが上手くいかず、再選考した際にヲタケンヌードキャンプに再会。過去に見たことがあった動画ですが、音楽がオリジナルだったことを忘れていて、1次選考で落選してました。


「わ」以降はまた今度。

テーマ : ニコニコ動画 ジャンル : 音楽

23:29  |  ニコニコメドレーの解説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.31 (Fri)

ニコニコメドレー「いろはかるた」の反省会。その3(最終回)

前回までのあらすじ。

・全力投球で作ったニコニコメドレー「しんぷる」が伸びなかった
「どうせ伸びないならネタメドレーを作ろう」と、いろは順メドレーを作ることを考える。
コンセプトは
① 曲名をいろは順にする。
② 音楽として崩壊しない。
③ 新旧・ジャンルを超えた選曲にする。(諺・パングラムにかけるため)

この時点では、背景は空気の読めないwinampいろは順であることも伏せ普通のメドレーを装って公開する予定だった。


今回は反省会の最終回。なぜ今作が伸びたのか?なぜ今までの作品が伸びなかったのか?です。


5月25日 ニコニコ動画超決戦 公開 333曲
6月3日 七色のニコニコ動画 公開 44曲(しも氏の過去作に収録された楽曲全てが事実上収録されていない)

両極端ともいえる2つのメドレーが投稿されました。それも1週間の間に。
どちらも正解だが、俺は第三の道を行くぜ。そう、ネタ系だ!・・・どうせ伸びないんだし。


七色のニコニコ動画が公開された頃はもう選曲は完了していて、全部の曲の耳コピが完了していました。(途中で2曲が差し替えにはなったが)

耳コピを終え、つなぎの考慮に入る。

・・・つなぎ難しすぎるだろ・・・い→ろ ろ→は ほ→へ り→ぬ ぬ→る か→よ よ→た た→れ・・・
ほぼ全てのつなぎがありえない難易度です。予想以上の難易度でした。

ここで、「こんなに苦労してメドレー作って、伸びないと勿体無いな・・・」と思いはじめます。
でも、こんなネタメドレーが伸びるわけがありません

そこで、私は2段階公開にして、伸ばそうと考えました。
すなわち、2つの動画を公開し
動画① 普通の動画として公開。ネタが含まれていることを言う。
動画② ネタ動画として公開。ネタの正解を言う。

これで、動画②に初速を与えることが出来ます。ランキングに入れば再生数はさらに増えます。なんと姑息な(ネタじゃなく中身で勝負しろよ)。

ここで、動画①は「無地背景」。動画②は「曲名+いろはの文字」にすることを思いつきます。さらにどうせならカルタっぽくしようかなと。

ちょっと動画を作ってみたところ、カルタの絵が背景の「いろは歌」を隠してしまいました。
「いろは歌」を完全に暗記してる人ばかりではないでしょうから、「次の文字」を左下に表示することにしました。(決して次の曲を予想させるためではありませんでした。


いろいろありましたが、こうして今回の動画のスタイルが完成したわけです。


つまり、「次曲を予想する新しいタイプのメドレー」という評価は、コンセプトには無く、行き当たりばったりの結果だったわけです。
この評価を、自分の実力だと勘違いしては駄目です。ただのまぐれなんです。

私はこれまで、ニコ動を「自分の作品を発表する場」だと思っていました。しかしそれは大きな間違いでした
ニコ動とは、「ユーザが楽しむ場」です。

なぜ自分の作品がこれまで伸びなかったのがようやく分かりました。
ユーザが楽しめる要素が無かったら伸びるわけが無い。

何でこんなこと分からなかったんでしょうかね。バカですね全く。

次作からは「ユーザが楽しめる動画」をコンセプトの一番上に持ってこなければならないと思いました。

反省終わり!

テーマ : ニコニコ動画 ジャンル : 音楽

23:25  |  ニコニコメドレーの解説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT