FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.03 (Sat)

4.5.コード進行

メドレーの核となるつなぎにおいて、最も重要なもののひとつがコード進行です。

自然なつなぎにするには、普通の音楽でもあり得るコード進行にすることが必要です。

普通の音楽をパートごとに分類すると、イントロ、Aメロ、Bメロ、サビ、間奏、コーダなどになります。
これらのつなぎめ、例えばAメロ→Bメロ や サビ→間奏 などが、メドレーを作る際にも参考になります。


ニコニコメドレーと普通のメドレーの大きな違いのひとつは、
ニコニコメドレーはサビのみを用いて短時間で次の曲に移ることが多いという点です。

サビが終わって、普通なら間奏に移るところで、またサビになるわけです。
これをいかに自然にするか?が腕の見せ所なのです。



自然なつなぎになるコード進行を考えるために、
コードを分類しましょう。

長調の場合
T(トニック)      : Ⅰ,IIIm,VIm
D(ドミナント)     : V,VIIm(♭5),IIIm
SD(サブドミナント) : IIm,IV,VIm

短調の場合
T(トニック)      : Ⅰm,♭III,♭VI
D(ドミナント)     : Vm,V,♭VII,♭III
SD(サブドミナント) : IIm(♭5),IVm,♭VI


私はこのように分類してます。(作曲者、編曲者によって使い方が違うこともありますが、大体同じです)

T : 曲の性質を決める重要なコード。普通の曲ではこのコードで終わらないとなんかしっくりこない。
D : このコードが出ると、「 次のコードはT 」フラグが立つ。
SD: 曲の雰囲気を変える機能を持ったコード。T→SDのつなぎが強力。


この説明を読んで、頭が痛くなった人は、半年ほどバイエルを聞き続けましょうw理解できるようになると思います。バイエル44番(連弾)がオススメです。



ニコニコメドレーを作る際に重要になるのが、何のコードで始まって、何のコードで終わるか?です。
つまりは、前の曲とどう繋ぐか、後ろの曲とどう繋ぐかです。

話をサビに限定した場合、コード進行はパターンが限られます。
大変乱暴ですが、次の8パターンに分けてしまいました!これに当てはまらない曲は難易度が高いので説明しません!

コード

①~④Tから始まるパターン。
②、④ 頭に2拍~0.5拍の先行する音があることがあります。例:真赤な誓い
③、④ お尻が長く伸びることがあります。例:真赤な誓い

①~④SDから始まるパターン。
⑥、⑧ 頭に2拍~0.5拍の先行する音があることがあります。例:Help me, ERINNNNNN!!
⑦、⑧ お尻が長く伸びることがあります。例:kiss my lips

で、つなぎやすい組み合わせを考えると、


次の曲
 
××
××
××
××



こんな感じです。
◎をつけた組み合わせでも、リズムによってはつなぎにくかったり、
×をつけた組み合わせでも、いろいろとつなぐテクニックはあるので、この表が全てではありません。

繋ぎやすいコード進行のポイントとしては、

・ 前の曲のコードを利用する。
・ D→Tの流れを利用する
・ T→SDの流れを利用する

になります。

このコード進行に加え、メロディとリズムが上手く組み合わさったときはじめて、自然なつなぎになるのです。
スポンサーサイト

テーマ : ニコニコ動画 ジャンル : 音楽

02:05  |  ニコニコメドレーの作り方  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://satorukkkk.blog47.fc2.com/tb.php/35-7b57da3f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。