FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.28 (Sun)

【提言】選曲について

今日は土曜日じゃないですけど。


アニメ・漫画好きの友人と話をする機会がありました。

どれくらいのアニメ好きかと言うと、「ぼくらの」をリアルタイムで見てたり、「撲殺天使ドクロちゃん」をラノベ時代から知ってるくらいです。

その彼が、
「RED ZONE」を知りませんでした。「何かのMADで聞いたことあると思うけど・・・」な感じだったのです。

そして、「ナイト・オブ・ナイツ」も、「何かのMADで聞いたことはあるけど、こんな曲名だったんだ・・・へ~」な感じだったのです。


まぁ、予想はしていたことですが・・・





そこで提言。ニコニコメドレー作家は

オタク ≠ ニコ厨 ≠ ニコニコメドレー厨

であることをもっと認識したほうがいい。
そして、再生数に応じて異なる分野の視聴者さんが自分の動画を見る機会が増えることを考えたほうがいい。

目標再生数1万まで・・・ニコニコメドレー好きを対象にした選曲で問題ありません。
目標再生数1万以上・・・重度のニコ厨(≠ニコニコメドレー厨)にウケる曲を選ぶ必要があります。
目標再生数10万以上・・軽度のニコ厨(≒重度のオタク)にウケる曲を選ぶ必要があります。

拙作:ニコニコメドレー「いろはかるた」は10万再生以上を達成しました。しかし、ご存知のとおり、選曲はマニアックです。多くの人が「知らない」・「聞いたことが無い」レベルの選曲なのです。そして、その多くの人というのは、「重度のオタク」なのです。(いろはかるたは選曲<手法>の目新しさがウケただけですね。)

そんな人たち全員が満足できる選曲なんて無いじゃないか!

・・・まぁ、そういうことです。
何なんだ・・・この結論は・・・
スポンサーサイト

テーマ : ニコニコ動画 ジャンル : 音楽

01:07  |  ニコニコメドレーの作り方  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.16 (Sat)

4.4.リズム

1.本記事の目的・目標

2.本記事における「自然なつなぎ」の定義

3.ニコニコメドレーの構成要素
 3.1.コンセプト
 3.2.選曲
 3.3.つなぎ

4.つなぎのテクニック
 4.1.テンポ
 4.2.調性
 4.3.メロディー
 4.4.リズム
 4.5.コード進行

5.付録
5.1.音楽の構成要素(初心者向け)



メドレー講座も今回で一通り終了です。付録がつくかもしれませんが。

何でリズムが一番最後になったかというと、私も苦手なんです。でもまぁ、苦手だから気を使ってるともいえるわけで。

普通の打ち込みで気をつけないといけない事項は山のようにあるのですが、つなぎにおいて特に気を使うべきは

 ① 前後の曲のリズムの違い
 ② フィルイン

の2点です。

① 片方の曲がスィング(三連譜系)でもう片方がそれ以外のときは注意が必要です。つなぎの前後でクラッシュシンバルを強めに鳴らしたり(もちろん4分音符の位置だけで)、逆にバスドラムだけにしたり(もちろん4分音符の位置だけで)すると、つなぎやすくなります。

 傾向としては、スィングの方がのんびりした雰囲気になることが多いので、普通→スィングのときは、前に激しい目の曲を持ってきて、後ろの曲の一拍目に強いクラッシュシンバルを鳴らし、ハイハットをオフなどが考えられます。逆にスィング→普通の場合は、後ろの曲を先行する音を持つ曲(例:真赤な誓い)にしてしまうなどが考えられます。


② フィルインは、強すぎるとつなぎの部分が強調されすぎて不自然になり、弱すぎると曲の代わりがわかりすぎて不自然になります。つまりは、強すぎても弱すぎてもダメで、曲との相性を考えないといけないです。(似た曲をつなぐ場合などは全くフィルインが無いほうがいいかもしれませんね)

よくあるパターンは、次の曲が4分音符主体のテンポなら、前の曲のラスト1小節でスネアの16部連打で次の曲頭でクラッシュシンバルとか、
次の曲が8部音符主体のテンポなら前の曲のラストと1小節で付点8分のシンコペーションを用いるとかがあります。

バリエーションを用意して、長いメドレーで飽きさせないようにしたいものです。
(手前味噌ですが、私の例をば・・・いろはかるた(鶴組)の「り」→「ぬ」では16部連打、「わ」→「か」ではブレイクを少し前に、「た」→「れ」では車のドップラー音をSEに、「れ」→「そ」ではメロディを変えて4分音符連打、「う」→「ゐ」では前で16分連打+後ろで1拍遅れて爆発音SE、「み」→「し」では下向きグリッサンド、「ゑ」→「ひ」ではぎろろろろ~んというSE、「ひ」→「も」ではメインメロディに使ってる音を16分連打、などなど・・・)



とりあえず今回でメドレー講座は終わりです。何か書くべき内容が見つかったらまた書きますのでよろしくです。

テーマ : ニコニコ動画 ジャンル : 音楽

23:44  |  ニコニコメドレーの作り方  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.26 (Sat)

4.3.メロディー

メロディは曲のアイデンティティそのものですが、つなぎの部分で改変することがあります。

その際に注意しないといけないことが、メロディの核となるポイントを崩さないということです。
メロディの核とは、言い換えれば「一瞬でも聞こえればその曲だと分かる」ポイントです。
イントロクイズなどで、曲が判断できるポイントみたいなものです。

短い場合は音符にして八分音符2つ分くらいのものから、長いものでは四分音符3つ分以上まで。
どこが核になっているかを判断する初歩的な方法として、その部分を休符に置き換えるというのがあります。
それでも元の曲が維持されているなら、乱暴な話、メロディを変えることも可能なのです。


基本的につなぎは次の曲へバトンタッチした瞬間に、次の曲が何の曲であるかが分かったほうがいいです。自然なつなぎになりやすいです。
(七色のニコニコ動画のいわゆる「チルノ詐欺」はこれの逆の効果を狙ったのかも知れませんね。)

メロディの核をバシッと提示することで、今流れている曲を印象付けることができるのです。

テーマ : ニコニコ動画 ジャンル : 音楽

18:08  |  ニコニコメドレーの作り方  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.14 (Sat)

3.3.つなぎ

1.本記事の目的・目標

2.本記事における「自然なつなぎ」の定義

3.ニコニコメドレーの構成要素
 3.1.コンセプト
 3.2.選曲
 3.3.つなぎ

4.つなぎのテクニック
 4.1.テンポ
 4.2.調性
 4.3.メロディー
 4.4.リズム
 4.5.コード進行

5.付録
5.1.音楽の構成要素(初心者向け)

 ニコニコメドレーの構成要素の中で最も重要なもののうちのひとつが「つなぎ」です。(打ち込み技術は人並みにあるという前提で)

つなぎは大きく2つに分けられると思います。
① 前の曲の勢いを保ちつつ次の曲につなぐ
② 前の曲の雰囲気を大きく変えて次の曲につなぐ
です。
--------
① 前の曲の勢いを保ちつつ次の曲につなぐ
 例を挙げると、組曲『ニコニコ動画』の GONG→森のキノコにご用心 や ニコぽいの Princess Bride~motto☆派手にね! 等です。
前後の曲のメロディ・リズム・コード進行がバッチリ揃ってるときのこのつなぎこそニコニコメドレーの醍醐味ともいえるでしょう。

 逆に言うと、メロディ・リズム・コード進行のうちどれかひとつでも極端に相性の悪い組み合わせだと、無理やり感が漂い、メドレー全体の質を下げてしまいかねません。そのため、ここぞという見せ場のために、使いたい曲をキープしておいたり、Bメロが好きな曲でもサビだけを使ったりということが要求されることもあります。

 また、いくらいいつなぎでも、長時間続けると、聞き手が疲れてしまいます。多くのメドレーは大体1分以内に曲の雰囲気を変えています。実際の曲のサビの長さなどを参考にするのも良いでしょう(先ほど例に挙げたニコぽいは1分45秒勢いが続きます。かなり長い部類に入りますが、この間も細かい雰囲気チェンジが入っていて聞き手が疲れないように配慮されています。)。最初からアクセル全開でぶっ飛ばすのではなく、前半30秒を8割で後半30秒を全開にするなどの見せ方も必要です。

--------
② 前の曲の雰囲気を大きく変えて次の曲につなぐ
 これは①の合間で使われることが多いです。同じ勢いを続けて息苦しくなったら曲の雰囲気を変えて一旦リセット。というわけです。ネガティブな発想かもしれませんが、ここをしっかり治めることでメドレーの纏まりが出てきます。

メロディ・リズム・コード進行のそれぞれに曲の雰囲気を変える要素があります。

1)メロディ ・・・ 前の曲メロディが上に上がるなら、下に下がるメロディの曲につなぐ。
           前の曲メロディが下に下がるなら、上に上がるメロディの曲につなぐ。
  上に上がるメロディの例 : 真赤な誓いのサビのラスト ・ 魔理沙は大変な(ry のサビの最初
  下に下がるメロディの例 : YOU(ひぐらし)のサビの最初 ・ アンインストールのラスト

2)リズム ・・・ 8ビート、16ビート、スウィング、シンコペーションなどを変える。
 どちらかというと、速いリズム→遅いリズムの方がつなぎやすいようです(少なくとも私は)。

 遅→速のつなぎをするときは、前の遅いリズムの曲にラストが2分音符や全音符など、長く伸びる音を持つ曲を採用し、後ろの曲に頭に速いメロディを持つ曲(魔理沙は大変な(ryなど)を用いるとつなぎやすいです。

3)コード進行 ・・・ コード進行を変えたり、転調したりします。
1) 転調をせず、コード進行を変える場合
 前の曲がトニックで終わる普通の曲なら、後ろの曲IVのコードから始まる曲にすればよいでしょう。
このIVから始まるコード進行をもつのはサビにもありますが(true my heartなどなど)、Bメロ(もじぴったんなどなど)や間奏(キラメキラリなどなど)の方が雰囲気を変える効果は大きいです。

2) 転調させる場合
 結構な悩みどころです。素直すぎる転調は、曲の雰囲気を変えてくれません。かといって、あまりにひねくれた転調はメドレー全体を崩壊させかねません。これは作者のセンスや作りたいものに拠るべき部分が大きいでしょう。
 わたしがよく使う例を挙げると、普通は使わない転調でも、次の曲が移調していないときは曲の雰囲気を変えつつ違和感を抑えることが出来ます。また、前の曲が曲の中で転調する場合、次の曲をその調に合わせることで自然なつなぎにすることができます。

テーマ : ニコニコ動画 ジャンル : 音楽

22:03  |  ニコニコメドレーの作り方  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.10 (Sat)

4.2.調性

さまざまな曲をつなげるニコニコメドレーにおいて、自然なつなぎになるように移調することは考えざるを得ないことです。

この移調の是非について議論してみましょう。

移調のメリット
① 前の曲、後ろの曲と調整を合わせることができるので、つなぎが自然になる

移調のデメリット
① 原曲と違う調性になるので、聴いていて違和感がある
② 原曲と違う調性になるので、歌いにくい。
③ 原曲と違う調性になるので、演奏しにくい。
④ 原曲再現したさいに、声がおかしくなる(所謂コロスケ状態)

あらためて見直してみると、一つのメリットのために、多くのことを犠牲にしていることがわかります。
つまり、移調しなくてもいいなら、しないほうがいい。ということです。


移調のデメリットをもう少し分析しましょう。

聴いていて違和感があると書きましたが、視聴者全員が絶対音感を持っているわけではありません。
しかし、幾つか条件が重なると、誰でもかなりのレベルで「調性が同じ or 移調している」を判断できます。

① 原曲と調性が全く同じ
・・・ 何度移調したかは全く分からない、移調したかどうかは分からないが、
   移調していない曲を聴いたら、なぜか原曲と調性が全く同じと分かる

② 原曲と音色が殆ど同じ。
・・・ バリバリのアレンジをされたら気づかないが、
   原曲と同じ音色、特にゲーム音楽や、一般の曲の前奏や間奏部分など、ボーカルがない曲は気づく。
   特にファミコンの音楽など発音数が少ないときは極端に分かる。

③ 何度も聴いている曲
・・・ 特にゲーム音楽。何百回何千回と同じ曲を聴いているため、頭の中のテンプレートががっちり固まっている。
   ファミコンなど、長い期間聴かれている曲は特に重要。

④ ハ長調、ヘ長調、ト長調など
・・・ ♭や♯が少ない曲。白鍵の音は、黒鍵の音に比べて聴く機会が多いので、頭の中にテンプレートができている。


総合すると、ボーカルがない曲や、ゲーム音楽の場合は、移調しないという選択肢が強くなります。
また、ボーカル曲でも、つなぎの位置で転調し、次の曲を原曲の調性にすると、転調したにもかかわらず、違和感を少なくする効果を期待できます。

あと、ファミコンやスーファミの音は、基準ピッチが微妙にずれている場合があるので、気をつけてください。
12平均率基準440Hzと1/4半音ずれているとかが、ざらにあります。もちろん、基準ピッチまで原曲に合わせなければ、移調しないメリットが薄くなります。


(10/31追記)
下に挙げる曲では、移調による違和感が顕著に現れやすいので、注意してください。

● 半音階を多用する楽曲
・・・ 半音階のメロディーを聞いている間に現在位置が分からなくなり、原曲の調性を基準にメロディーを予測するので、移調した音では違和感が出る。

● 大きい跳躍のあるメロディー
・・・ 大きな跳躍をする際は、どれだけ跳躍したかがあいまいになるため、原曲の調整を基準にメロディーを予測するので、移調した音では違和感が出る。

テーマ : ニコニコ動画 ジャンル : 音楽

23:03  |  ニコニコメドレーの作り方  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。